レッスンの開講は、21日の政府発表を待つことに致します

本日15日の兵庫県知事の記者会見の通り、但馬地区の学校は週2回の登校日が可能となりました。感染者を出していない但馬地域ですが、阪神間の学校の登校日週1日との差は、1日だけでした。従いまして、英語教室も21日の政府発表を待つことに致しました。

開業許可が下りた業種もありますし、ここは本当に小さな教室です。1人のクラスもあります。けれども、どうぞお許し下さい。

実は知事の記者会見は、教室の周りの草むしりをしながら聞いておりました。その時、教室に通っていた子供2人と会いました。1人は今年中学生になりました。1人は中学2年生です。どちらにも、英語で話しかけましたが、普通に英語で返してくれました。家でちゃんと勉強をしていると言っていましたし、学校は5月31日まで休みなんだ、いつ開くかわからない、、と返してくれました。見事に普通に英語で会話を致します。当たり前かもしれませんが、草むしりも苦になりませんでした。

どうぞご自愛くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です