高校生へ

基本発音はできていますが、口がゆるまないように、1日1回はどちらかを繰り返しましょう。
発話ソフトは、時間を気にせず、その文がどう作られているのか、今までの文法事項で読み取れますから、それを踏まえて声に出して練習してください。
単語:一巡していないのが残念です。今年末には三巡目、を目標にして下さい。必ず声に出して、例文を確認します。全てを覚えようと思わず、一巡を目指します。単語を書くときの特有の間違いをどう直していくのか、今度のレッスンでお聞きします。自分で対策を立てて下さい。もう一つ教材を増やします。残念ながらターゲットではありません。学校指定の単語本が同じ形式なので、違う形式のものを用意します。
文法:文法は大事なものが終わり、よく身についていると思います。それを発話・作文・読解に利用します。使える力を目指します。
読解:単語への不安が読解に響きます。文法は問題ありませんから、単語力の及ぼす影響をよく考え、取り組んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です