長い英語は聞きとれない、、

たくさんのリスニング対策がYouTubeにアップロードされています。
聞こえる人は聞こえるし、
聞こえない人は聞こえないままでいるしかない対策がほとんどです。

聞こえるようになるための訓練は、ずばり発話です。
「たくさん聞きなさい」だけの指導は嘘です。
大事な発音をきちんと踏まえ、リンキングとかリエゾンとか呼ばれる続く音を続ける。
これなら、訓練次第で、誰でもできるようになります。
本気でやって2年ほどかかりますから、
上のような状態にある人は、必要な時期から逆算して準備を始めましょう。
YouTubeのリスニング対策の先生方に発音の悪い人はいませんでしょ。

村上英語教室の子どもたちのほとんどが英語が聞こえます。
ほとんど、、と書いたのは、
声を出しなさいと言って、その対策も講じるのですが、
それでも声を出さない場合は、どうしようもないのです、残念ですが。
(小さな子どもで声を出さないのとは、違います)


社会では、長い英語が当たり前です。
話してそれが公開され、それから情報をとる場合が多くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です