養父市にずっと住みますか?

最近 小さなお子さまの保護者さまからこんなご質問がありました。
「はい、住み続けます。」とお答えしました。

1995年1月17日 阪神淡路大震災が起こりました。恐ろしい体験でした。子供たちをかばうことが、唯一できることでした。守り切れるかどうかわかりませんでした。夜寝る前に本を読んでやっていましたが、枕元に置いていた本類が娘を助けました。それがなかったら、娘が今のように生きていてくれたかどうかわかりません。月日が過ぎて、各地で地震が起こるたびに、記憶が蘇りました。けれど、2011年3月11日に起こった東日本大震災は違いました。都会に住む弱さを感じました。家族の誰かが地方に居た方がいいと思いました。それが養父市に移り住んだ理由です。

はい、養父市に住み続けます。
いい街です。
ここを見つけられた幸運に感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です